———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

競艇のフライングとは?基準や罰則など詳細まとめ

初心者

フライングや出遅れはスタート事故と呼ばれる

ボートレース(競艇)ではフライングスタート方式を採用しています。競艇選手が乗るボートにはブレーキやクラッチがありません。スロットルレバーのみを使用してスピードを調整します。レバーを握ればエンジンの回転が上がりスピードが出て、離すと回転が下がりスピードが落ちていきます。しかしレバーを握っていなくとも、ブレーキという概念がありませんので、必然的にモーターとプロペラが動き続けてしまい、ボートに推進力がかかります。そのため、陸上競技や競馬や競輪やオートレースなどの競技のように、静止してのオンラインスタートはボートレース(競艇)では不可能となります。そのために、フライングスタート方式でのスタートが必要になるのです。競艇においてフライングや出遅れは相称してスタート事故と呼ばれ、スタート事故を起こした選手には厳しい罰則(ペナルティ)が科せられます。

競艇のフライングの基準

ボートレース(競艇)におけるフライングの基準は下記となります。

待機行動から、規定のスタート時間よりも0.01秒でも早くボートの先端がスタートラインを通過してしまった場合にフライングとなります。2013年11月からは0.05秒以上早いタイミングでフライングした場合には「非常識なフライング」として1回目でも即日帰郷という非常に重いペナルティが科せられるようになりました。

競艇の出遅れの基準

ボートレース(競艇)における出遅れの基準は下記となります。

規定のスタート時間よりも1秒以上遅れてスタートラインを通過すると出遅れとなります。フライングも出遅れもそのレースは欠場となります。

フライングは「F」出遅れは「L」と表記される

フライングはアルファベット表記のFlyingの頭文字を取って「F」と、出遅れ(レイト)はLateの頭文字を取って「L」と表記されます。競艇(ボートレース)の予想が乗っている新聞や良そうサイトなどでは、この表記をよく見かけるので覚えておきましょう。

「F」や「L」の後ろの数字は回数

「F2」や「L2」などアルファベッドの後ろに数字がある場合は、フライングや出遅れ(レイト)をした回数が記載されています。出走表などで見かける場合がありますので、この数字についても覚えておきましょう。

「F」や「L」が表記されている選手はスタートが慎重に

フライング(F)や出遅れ(L)などのスタート事故を選手がおこした場合には、一定期間レースへの斡旋が停止されます。競争成績や賞金獲得額に多大な影響を及ぼすために、スタート事故を起こしたボートレーサーはスタートに対して必要以上に慎重になります。他の艇よりも消極的になりがちなので、このあたりの動向も舟券を予想する上で大事なファクターとして考えていけます。生活や成績がかかっているので気持ちは分かりますよね。テニスのサーブミスの後の第二サーブのようなものですね。

フライングや出遅れのスタート事故で起こる影響

フライングや出遅れのスタート事故を起こしてしまった場合には、選手自身の罰則の他にも、様々な影響が関係各所へと出ます。

一体どのような影響が出るのでしょうか。影響が出る人や場所、その結果がどうなるかを調査して下記にまとめましたのでご参照下さい。

投票した人への影響

スタート事故を起こした艇があるレースに投票した人へ大きく影響が出ます。

全額払い戻し

スタート事故を起こした艇に関係する舟券は、全額返還になります。投票した舟券の中でスタート事故を起こした艇が含まれる場合は、全てボートレース場側が買い戻すという形で、全額返還されるという影響がでます。

オッズが再計算

スタート事故を起こした艇に関係する舟券を全額払い戻した上で、改めてそれらを除いた売上金の中からオッズが再計算されます。人気が高い艇や、2艇以上がスタート事故を起こすと払戻金が非常に大きくなる為に、発売締め切り直前でオッズが100倍を越える大穴が出ていたとしても、ふたを開けてみると払戻金が半分以下になっている事も珍しくないです。投票された人にとっては例え的中したとしても的中金額が大きく減ることになり損害となります。

選手(レーサー)への影響

スタート事故を起こした選手(レーサー)への影響は非常に大きいものとなります。競艇ではスタートを非常に重視しており、スタート事故で返金対象になると競艇場の儲けも減るために、スタート事故を起こしたボートレーサーにはかなり重いペナルティが科せらます。

ボートレースは1マークの最初のコーナーで決着が付く競技と言われています。そのため、スタートを少しでも早く切ったボートが有利となり勝率も高くなります。ペナルティを軽くしてしまうと、あわよくばの精神でフライング覚悟で突っ込むレーサーが増加すると思われます。その為にスタート事故を起こしたレーサーには重い罰則を用いて、スタート事故の防止につとめています。

スタート事故は回数や程度によって罰則の内容も変わります。下記では回数毎の罰則内容の詳細をご説明していきます。

罰則1回目「優勝戦やドリーム戦への出場が不可」

開催節の1回目のスタート事故を起こした場合には、該当する節の賞典レースである優勝戦やドリーム戦へ出場ができなくなります。

罰則2回目「即日帰郷」

同じ節で2回目のスタート事故を起こした場合には、即日帰郷を命じられ翌日以降に開催されるその節のレースには出走することができません。その名の通り家に帰されるという、サッカーで言うレッドカードの状態となります。

また、集団でのフライングを防止・回避する観点から、2013年11月1日を初日とする開催より0.05秒以上のフライング(F)を「非常識なフライング」と定義して、これに該当する選手には罰則1回目でも「即日帰郷」の処分が下されます。ただし、グランプリ(賞金王決定戦)・クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)では適用されません。

回数に応じた一定期間のあっせん停止

フライングを1回でもすると30日の出走禁止(あっせん停止)となります。2本目で60日加算、3本目は90日加算、4本目は180日加算されます。回数が増えれば禁止期間も増えて、出走回数も少なくなり、事故率も高くなってしまいます。ボートレーサーに取ってレースに出れないという事は、お金も稼げなくなりますのでかなりの死活問題になります。筋トレなどをして過ごすしかありません。

フライング4回以上は引退勧告をされる場合も

「選手出場あっせん保留基準第8号」と選手会による「競走の公正確保及び競技水準の向上化に関する規程」により、1節でフライングを4回以上してしまうと事実上の引退勧告がなされる場合もあります。また、訓練施設での再訓練などのペナルティも科せられます。車の違反とちょっと似ていますよね。

SGやGI以上では罰則が異なる

SGやG1などの全国規模で発売されるレースの優勝戦や準優勝戦でスタート事故をしてしまった場合には、一般戦などより厳しい罰則が科せられます。

  • SG優勝戦:SG競走1年間除外および出場辞退期間消化後プレミアムGI・GI・GII競走6か月(182日)除外
  • SG準優勝戦および賞金王決定戦トライアル、順位決定戦:SG競走4節除外および出場辞退期間消化後プレミアムGI・GI・GII競走3か月(91日)除外
  • プレミアムGI・GI及びGII優勝戦:出場辞退期間消化後プレミアムGI・GI・GII競走6か月(182日)除外
  • プレミアムGI・GI及びGII準優勝戦:出場辞退期間消化後プレミアムGI・GI・GII競走3か月(91日)除外

そしてSG競争は斡旋が確定していても即出場取り消しになります。また複数回の事故を起こした場合は除外期間が合算されます。

水面状況によって対象とならない場合も

かなり稀ですが、強風などの為に水面がかなり激しい荒波で悪いコンディションになっていたり、他のレーサーとの接触などが原因で出遅れが起きた場合などにでは、選手責任外(選外)でのスタート事故と判定されて、競争自粛などのペナルティの対象とならない場合もあります。ただし、フライングには選手責任外は存在しません。

エンジンの不調や選手(レーサー)の怪我なども対象外

ボートのエンジン(モーター)の不調や、選手の怪我、大時計の故障などの不慮のスタート事故も罰則の対象外となります。何かしらの機器の故障などに関していえば、選手責任外というよりもレースが不成立となります。

競艇においてフライングの罰則は非常に厳しい

ボートレーサーであれば当然誰しもが1着を取りたいので、他の誰よりも早くギリギリにスタートを決めたいと想いっています。しかし人間ですから間違いや失敗もあり、スタート事故は日常的に起こりえることとなります。ただ、スタート事故は開催者側も投票する側も全ての関係者に悪い影響が出てしまうものです。その為、スタート事故に関しては選手に重い罰則を科して、運営側は可能な限りスタート事故が起こる事を防止しようとしています。もしこのペナルティが軽いものだとすると、フライング覚悟でいちかばちか突っ込んでしまう選手が増えてしまうので、どうしても重い罰則が必要になるのです。

フライングで売上の97%が払い戻しになったケースも

2014年のボートレース戸田(戸田競艇場)で開催された第1回G1ヤングダービーで、ボートレース界歴史に残る大事件が起こりました。インの3艇がフライングによる失格で、総発売額の97.2%にあたる5億9663万100円という金額が返還されたのです。3連複と拡連複は不成立となり単勝・複勝の払い戻しも100円という恐ろしい結果になってしまいました。3連単を的中させたとしても380円の払い戻しだったので、当たっても全く喜べないですよね。

まとめ

フライングや出遅れによるスタート事故は、ボートレーサー自身や舟券を購入するお客様、ボートレース場の主催者・関係者にいたるまで、関係各所に多大な影響を及ぼします。しかしながら、少なからず起こってしまう出来事でもありますし醍醐味ともいえます。スタート事故を起こしたレーサーがその節はどのようなレースの展開を予想することで、舟券の購入の組み立ても変わってきますよね。。ボートレーサーも人間ですから、1度フライングをしてしまうと2度目はスタート事故を起こしたくないという気持ちが強くなり、思い切ったスタートを切れないことが多くなります。その為、フライングを一度している選手がいるレースは要注意です。その選手は本来の力を発揮できない可能性が高くなります。スタート事故についてを覚えているだけで、予想の考察にも幅が出てきますよね。是非とも今回の記事を舟券ライフの参考にしてもらえればと思います。

コメント