———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

【ボートレース】田村隆信のプロフィールや成績や特徴やレーススタイルまとめ

競艇

【ボートレース】競艇選手の田村隆信は今までどのような成績を収めてきたのか?その実力やプロフィールやレーススタイル、特徴などを記事にしてまとめていますのでご参照ください。

田村隆信(たむら たかのぶ)とは?

ボートレーサー田村隆信さんは、養成所時代から一目を置かれ、ズバ抜けた才能から皆から期待をされている競艇選手です。

当時の競艇選手養成所である本栖研修所の卒業記念競走優勝戦では6コースから逆転優勝し、見事勝利を収めています。

デビューしてからも皆の期待を背負い裏切る事なく、活躍を続けています。

簡易プロフィール

田村隆信さんは、1978年(昭和53年)3月15日に徳島県で生まれ、徳島県立阿南工業高等学校を卒業、その後の進路として、そのまま徳島支部で競艇選手として活躍中しています。

身長は171㎝、体重55キロ、血液型B型、2020年3月では現在42歳です。

85期の選手として登録、競艇選手としての登録番号は4028、現在はA1級です。

競艇選手になったきっかけ

田村隆信さんは、幼い頃から工作やプラモデルが好きだったことで、将来の夢は機械系の仕事を考えていました。

高校卒業後、2年間は機械系の仕事をしていた時、当時付き合っていた彼女の父親から、競艇の選手になることを勧められ、一度見に行ったボートレース丸亀での総理大臣杯で優勝戦を制した西島義則選手の姿を見てボートレーサーに憧れを持ち、あまり考えずに受験したところ合格します。

そして、本栖研修所に入所する10日前に付き合っていた彼女と入籍しています。

競艇選手としての目標

田村隆信さんは、競艇学校に入所直前に入籍しており、もちろん、85期生ではただ一人の既婚者でした。

結婚したことが彼に強い責任感を与え、田村隆信さんはすぐに85期生のなかでは突出して目立った存在となっていきます。

そしてその過程で「家族を養い、幸せな家庭を作る事と無事故完走」をボートレーサーとしての目標として語っています。

特技や趣味や休日の過ごし方について

特技は卓球で子供の頃から卓球をして遊んでいたとのことです。

またプライベートの趣味として旅行をあげています。

家族がいて子供もいる田村隆信さんは家族旅行や買い物をして休日を過ごしています。

銀河系軍団について

田村隆信さんが、競艇選手として登録された1999年デビューの選手、つまり85期は【銀河系軍団】と呼ばれおり、登録番号4023番~4052番までの選手にはスター選手がたくさん集まっています。

この85期で、田村隆信さん以外のスター選手として井口佳典選手、丸岡正典選手、湯川浩司選手、森高一真選手などが挙げられます。

1つの期で約30名程度のボートレーサーがデビューしますが、普通はSG戦の優勝を果たせる選手はその期の中で1人いるかいないか、という程度です。

そんな中で、85期はSG戦での優勝者が5人もおり、それ故に銀河系軍団と呼ばれています。

85期は恐ろしくスター選手が集まった年と言えます。

その中でも田村選手は実力も才能もダントツと言われていました。

過去優勝成績

さて、ここからは田村隆信さんの成績を見ていきましょう。

分かりやすいように一覧でまとめています。

SGの優勝歴

  • 第9回 オーシャンカップ競走(2004年8月2日・若松競艇場)
  • 第7回 競艇王チャレンジカップ(2004年11月28日・児島競艇場)
  • 第14回 チャレンジカップ競走(2011年11月27日・大村競艇場)

G1の優勝歴

  • 第17回 新鋭王座決定戦競走(2003年2月2日・丸亀競艇場)
  • 宮島チャンピオンカップ(2003年12月9日・宮島競艇場)
  • 鳴門モーターボート大賞競走(2008年11月16日・鳴門競艇場)
  • 近松賞 開設56周年記念(2009年1月16日・尼崎競艇場)
  • 第52回 四国地区選手権競走(2009年2月5日・鳴門競艇場)
  • 京極賞 開設58周年記念競走(2010年4月9日・丸亀競艇場)
  • 江戸川ダイヤモンドカップ(2011年11月17日・江戸川競艇場)
  • ダイヤモンドカップ(2013年11月8日・丸亀競艇場)
  • 全日本王者決定戦 開設60周年記念(2014年1月19日・唐津競艇場)
  • 第60回 四国地区選手権競走(2017年2月25日・鳴門競艇場)

得意コースやレーススタイルについて

田村隆信さんは、基本的に枠なりの進入が多いですが、イン寄りのコースも積極的に狙うことがあります。

田村隆信さんの平均スタートタイミングは0.14で、SGクラスの他の選手の中でも早めのスタートタイミングとなっています。

また、1コースからのスタートの場合はさらに磨きがかかり、0.11と非常に早くなるというデータがあります。

田村隆信さんは、若いころに比べて今は苦戦を強いられていることが多いですが、それでも毎年賞金ランキングに食い込んでくる実力を持っているので、抽選の良いモーターを引き当てた節のレースは注目しておきたいボートレーサーですね。

まとめ

85期【銀河系軍団】の名を元にスター選手の中で、ダントツの注目を集め、デビュー戦の6コースからの優勝をして、今も現役で輝き続けている田村隆信さん。

すでに競艇界のレジェンドとしての風格も備わっており、実力も高く舟券には絡めたいボートレーサーです。

今後の活躍から目が離せませんね。

コメント