———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

【ボートレース】中田竜太!104期最強のイケメン競艇選手の実力やプロフィールまとめ

競艇

ボートレースのボートレーサーである104期最強中田竜太は若手のホープと言われる競艇選手です。今をときめくイケメンレーサーのプロフィールや実力や成績などを徹底的に検証して記事にしてまとめていますのでご参照ください。

PR:24+BOATが開発した競艇予想システム。
独自アルゴリズムにより高精度予想を安定的に供給します。

若きエース中田竜太とは?

端正な顔立ちで爽やかでかわいいイケメンなルックスから、女性ファンから大人気を博している中田竜太さんとは一体どんな人物なのでしょうか?

簡易プロフィール

中田竜太(なかだりゅうた)さんは1988年4月10日生まれで福島県出身のボートレーサーです。

身長は166㎝、体重は49キロ、血液型はA型、所属支部は埼玉で、2019年現在は満31歳です。104期生として登録、競艇選手としての登録番号は4547、現在の級別はA1級です。

師匠として須藤博倫さん、妻として同じボートレーサーの浜田亜理沙さnがいます。

競艇選手になろうとしたきっかけ

中田竜太さんは、親に『ボートレース向きの体形なんじゃない?』となにげなく言われた一言がきっかけで、当時は何となく目指してみようかなという程度の気持ちだったそうです。

軽い気持ちで目指していたこともあり、初めて競艇選手養成学校であるやまと学校を受験をした高校生の時は見事に不合格となります。半年に一度ある試験にも身が入らず、試験の度に受けるけど落ちるを繰り返し、そのまま高校を卒業してしまいます。

その後就職をしたのですが、何となく自分の居場所ではないと感じたことから、今度は真剣に競艇選手を目指し初め、5回目のチャレンジにてようやくやまと学校に合格することが出来ました。

やまと学校にて運命の出会い

結婚相手の浜田亜理沙さんとは同じボートレーサーを目指す同期として養成所に入学しました。

登録番号が1つ違い(中田が4547、浜田が4546)だったこともあり、二人一組での練習や試験は常にペアを組んでいました。

卒業して半年後に一緒に遊んだことをきっかけとしてお付き合いが始まり、2012年にA1に昇格したことを機にプロポーズ、見事結婚へと至りました。

尚、2015年11月10日には息子・瑛仁(えいと)くんが生まれています。

家族・親戚もプロアスリート揃い

中田竜太さんの父親は元オートレース選手の中田義明さんで、優勝回数は実に8回と、とても優秀な選手だったのです。

また、中田竜太さんの従兄弟の中田健太さんは競輪選手、更に中田健太選手の父親も同じく競輪選手だったりと、家族、親戚共に公営競技のアスリートが多く集まっている一族なのです。

タイトル獲得記念に高級時計を購入

中田竜太さんは自分へのご褒美として、優勝した時など、何かを成し遂げた時の記念に腕時計を購入するとして話題にもなっています。

最初のご褒美となったのは2013年9月の戸田タイトル戦での初勝利を飾った時に『ロジェ・デュブイのオマージュ』約350万円相当の高級腕時計を購入したとの事です。

また、2度目のご褒美となったG1初Vの際には何となくで購入を保留したところ、スランプに突入してしまったといい、すぐさま『オーデマピゲのロイヤルオーク』を購入されたそうです。
すると、復調し2度目のG1制覇を成し遂げることになりました。

次回のご褒美はSG優勝の時にと思っているということですのでどんな高級腕時計を購入されるのか気になるところですね。

成績

今では104期最強とも言われている、中田竜太さんもやまと学校卒業記念競走では、6号艇出場、5着という結果でした。そんな彼のプロデビュー後からの成績を以下にまとめていきます。

デビューと初勝利は2009年

中田竜太さんは2009年5月15日から、ボートレース戸田で開催された一般戦「イーバンク銀行杯」の初日1Rにてデビュー戦を飾ります。

この時の結果は5着でしたが、3日目となる5月17日の一般戦8Rにて初勝利を飾ります。
3号艇出場、決まり手はまくりでした。

実にプロになってからから5戦目の勝利という華々しいデビューを飾っているのです。プロになって初勝利が100走以上かかる選手もいる中でかなり早い段階での初勝利と言えるでしょう。

G3初勝利は2010年

2010年6月23日にボートレース常滑で開催された2010新鋭リーグ第9戦「G3若獅子杯」の2日目7Rにて6号艇からの華麗なまくり差しで1着となります。

また、最終日の6月27日の2R一般戦でも5号艇から出場、まくりで1着を飾っています。

初優出は2011年

ボートレーサーとして成績を重ね、B1級となった2011年に中田竜太さんは初めて優勝戦に臨むことになります。

2011年8月14日からボートレース戸田で開催された「第34回戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯」にて初優出となります。
結果は6号艇からの4着でした。

初優勝を飾る2013年

中田竜太さんは順調に勝ちを重ねA2級へ昇格し、勢いに乗る2013年9月3日にボートレース戸田で開催された「第8回隼杯」にて悲願の初優勝を決めます。
2号艇出場、決まり手は抜きで見事な1着となりました。

ちなみにこの時が、上述した初めてのご褒美レースとなります。

更に、同年10月24日からボートレース大村で開催となった、「G3新鋭リーグ第4戦日刊スポーツ杯」でも1号艇出場、決まり手逃げでG3優勝を成し遂げます。

2014年にはSG初出場

中田竜太さんは2014年10月14日からボートレース常滑で開催された「SG第61回ボートレースダービー(全日本選手権)」にて初めてのSG出場を果たします。

1着を取ることは出来ませんでしたが、順調に着々と成績を積んでいっていますね。

2017年にはG1初優勝

G3優勝後のタイトルはなかんかあ取れないものの、一般レースでは2013年から13度の優勝を経験し、A1級へと昇格した中田竜太さんは、2017年4月5日からボートレース丸亀で開催された「G1京極賞開設65周年記念競走」にて1号艇から逃げ、見事な1着で悲願のG1初優勝を果たします。

さらに同年、9月19日からボートレース蒲郡で開催された「第4回ヤングダービー」では、選考勝率1位から1号艇出場、決まり手逃げで2度目のG1優勝を成し遂げます。

賞金王決定戦出場で珍記録

2017年のG1優勝2回と、一般戦優勝3回により賞金を稼いだ中田竜太さんは2017年12月19日に開催された「第32回グランプリ(賞金王決定戦)」に初出場を決めますが、SG優出経験のない選手がグランプリに出場した事は、第8回大会の新美恵一さん以来、24年ぶりの珍記録となりました。

師匠である須藤博倫さんとの出会い

104期最強のイケメン競艇選手として現在人気を集めている中田竜太さんには、須藤博倫さんという師匠がいます。彼との出会いがあったことで、現在の中田竜太さんとそのレーススタイルができあがったと言っても過言ではないかもしれません。

レーススタイルとは?

中田竜太さんの代名詞とも言えるのが、インから旋回して一気に上位へと躍り出ることが出来る華麗な鋭角ターンですが、実は本人は「そんなにターンに自信は無い、ただ、操縦技術よりもペラの調整が大事」と話しています。

プロペラ調整法は師匠仕込み

ボートレースにおいて、ボートの個性を決定づけることになるプロペラの調整は非常に重要なもので、数分の1ミリ単位での微妙な調整を必要としています。

中田竜太さんはどちらかといえばターンしやすいように、直線よりも出足重視でペラの調整を行っているといいますが、ペラの調整法は師匠である須藤博倫さんに教わったものだそうです。

妻・浜田亜理沙さんとの夫婦直接対決

同じくボート―レーサーとして活躍している妻の浜田亜理沙さんとは過去にあっせんが同じになり同レースにて直接対決を果たしたことがあります。

1度目はボートレース浜名湖にて

2014年3月25日から開催された「G2モーターボート大賞」の3日目、9R予選にて夫婦の直接対決をしています。

中田竜太さんは4号艇で見事1着、浜田亜理沙さんは3号艇で6着に終わりました。

2度目はボートレース戸田にて

2017年1月3日から開催された「第47回埼玉選手権・スポーツニッポン杯争奪戦」の2日目12Rの記者選抜戦で夫婦が再戦します。

中田竜太さんは1号艇で4着、浜田亜理沙さんは2号艇で5着という結果でした。

3度目はボートレース江戸川にて

2018年2月12日から開催された「G1第63回関東地区選手権」の4日目、9R予選にて3度目の直接対決を果たします。

中田竜太さんは2号艇で4着、浜田亜理沙さんは6号艇で2着と、妻の浜田亜理沙さんが初めて中田竜太さんに勝利しました。

続いて4度目の対決は同最終日の2R一般にて中田竜太さんが2号艇で1着、浜田亜理沙さんは5号艇から3着という結果を残しています。夫婦で舟券に絡んだのですね。

まとめ

容姿端麗なご夫婦レーサーとして活躍しているイケメンボートレーサーの中田竜太さんは、G1での優勝は3度ありますが、SG出場経験はあるものの、優出は未だにないというのが現状です。

次なる目標はなんといってもSGでの初優勝を決めて、新しいご褒美を手に入れて欲しいですね。

今後も中田竜太さんの活躍から目が離せませんね。

コメント