———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

【ボートレース】桐生順平!次世代競艇レーサーのプロフィールや成績まとめ

競艇

ボートレースの新世代ニュージェネレーションの中でも最強の呼び声が高い競艇選手「桐生順平」!脅威のハイスピードターンの秘密やボートレーサーとしての成績、さらにプロフィールなどを徹底的に検証して記事にまとめましたのでご参照下さい。

PR:24+BOATが開発した競艇予想システム。
独自アルゴリズムにより高精度予想を安定的に供給します。

若手ナンバー1の桐生順平とは?

桐生順平さんは、ボートレース界の若手で新生代の「ニュージェネレーション」の筆頭と言われている競艇選手です。

この「ニュージェネレーション」というのは正式名称を「ニュージェネレーション・スーパースター」といって、新田雄史選手が発足したSG常連の若手レーサー中心のLINEグループ名を指します。

この記事では、新世代ナンバー1候補と言われている桐生順平さんの成績やボートレースとの関わり、さらに結婚などのプライベートの部分も徹底的に検証して記事にまとめていきます。

簡易プロフィール

桐生順平さんは、1986年10月7日生まれ、出身は福島県石川郡古殿町で身長が161cmです。小柄な方が多いボートサーサーの中でもさらに小柄な選手ですね。

その身体からは想像がつかないような鬼ターンを繰り出し、旋回技術は競艇選手の中でもトップクラスです。高校時代は自転車競技でインターハイにも出場しています。

競艇選手になったきっかけ

桐生順平さんは、兄に元競輪選手の桐生拓也さんがおり、兄弟揃って公営競技の選手となっています。

そして、その兄が競輪選手だったことで、プロアスリートとして勝負できる競艇という世界に憧れをもつようになったようです。

また、高校が学校法人石川(通称:学石)という全国でも有数のスポーツの盛んな学校で、競技自転車部に入りインターハイで3位という好成績を収めました。

桐生順平さんは、インターハイで優勝できたら自転車競技のプロになろうと思っていましたが、自身が小柄だったためや、自分のキャラクターにあった競技として競艇に注目するようになったそうです。

競艇学校時代はトップクラスの成績

桐生順平さんは、ボートレーサーであれば誰でも最初に通うことになる、競艇選手養成所のやまと競艇学校には3回目の受験で入学しています。

ちょうど100期という節目の年の入学となりました。

やまと競艇学校時代の成績は、リーグ戦勝率7.37(準優出7 優出6 勝率1位)と同期の中ではトップクラスの成績を出しています。

ちなみに、体重管理にかなり苦労したそうで受験時には70キロ近くあった体重を、50キロまで絞った時はかなり大変な思いをしたそうです。元々が自転車競技をしていたから太ももなどの筋肉が非常に発達していたのでしょうね。筋肉も落とさないと20キロちかくの減量は難しいですものね。育ち盛り食べ盛りの減量はかなり厳しかったでしょうが、見事に達成しているあたり、非常に精神が強い方なのでしょうね。

デビューは2007年

桐生順平さんは2007年5月17日にボートレース戸田(戸田競技場)でデビューして3着の成績を納めます。初勝利は3日後の同年5月20日で5走目とかなり早い段階で初勝利をあげていますね。

またデビュー期の勝率が4.44で競艇レーサーとしての登録番号も4444と、何かと「4」に縁のある選手として注目されました。

2011年に初優勝

桐生順平さんはデビューから4年後に、地元のボートレース戸田(戸田競艇場)で開催された「第34回戸田ボート大賞サンケイスポーツ杯」で初優勝を飾りました。

優出22回目での優勝となりました。

この2011年という年は、5月24日開催の「SG第38回笹川賞」にてSG初出場と初勝利も納めており、桐生順平さんの知名度がボートレース界でじわじわと上がると共に、本人にとっても飛躍の年となっています。

SG初優勝は2015年!

桐生順平さんがSGで初優勝を果たしたのは、2015年3月22日にボートレース尼崎(尼崎競艇場)で開催された「SG第50回ボートレースクラシック(総理大臣杯)」でした。

桐生順平さんは1号艇1コースで登場し、トップでスタートを放ちイン逃げで快勝、念願のSG初優勝を達成しました。

100期台のニュージェネレーション世代で初のビッグ覇者となり、この優勝で桐生順平さんが若手世代を引っ張っていく筆頭候補として全国の競艇ファンに名を轟かせることとなります。

ちなみに桐生順平さんは2017年にも同SGで優勝しているので、「SGボートレースクラシック(総理大臣杯)」は相性の良い節なのかもしれません。

レーススタイル

若手世代ナンバー1と呼び声の高い桐生順平さんのレーススタイルとは、一体どのようなものなのでしょうか。

「新世代ターン巧者」のひとりと表現されるほど、SG常連のベテランも舌を巻くほどのトップクラスのターンの秘密とは?

桐生順平さんのレーススタイルやターンの秘密などを分析しました。

豪快なターン

桐生順平さんの代名詞として「スピートターン」があげられます。

ニュージェネレーション世代としてではなくボートレース全体としてもトップレベルのスピードターンとして有名になっています。ある者は神速ターンと呼び、ある者は鬼ターンとも呼び、その形容しがたい旋回技術は色々な呼び名を持っているのです。

ボートレースを見たことがある方なら分かると思いますが、競艇は基本的に内側が有利で、1コースが1番勝率が高いと言われています。

そして桐生順平さんは不利と言われている外側から脅威のスピードターンで競り勝つことが多いレーサーなのです。

これは本当に難しい技術で、レースが非常に盛り上がる技術となっています。現在のボートレース界でもこの旋回技術を持ったレーサーは数えるほどといわれています。

その他の情報

ここからは、桐生順平さんのボートレーサーとしての活躍や、プライベートの情報に迫っていきます。

奥さんは競輪選手の妹

桐生順平さんは、2012年に競輪選手の佐藤慎太郎さんの妹の佐藤絵美さんと結婚しています。義理のお兄さんも実のお兄さんも競輪選手になります。

絵美さんとのなれそめは競艇選手養成所のやまと競艇学校という事ですが、絵美さんは途中で退学して競艇選手にはなっていません。

全国スター候補選手に選出

桐生順平さnは2012年と2013年に二年連続で「全国スター候補選手」に選ばれています。

これは競艇会でスター性がある成績上位者と認められたレーサーをエリート養成して、ボートレース界を盛り上げ支える存在にする為のシステムで、4つのカテゴリが存在しています。

桐生順平さんはその中でも最上位のカテゴリに選出され、100期以降のレーサーからはたった二名しか選出さていないので、まさしく若手世代のエリート中のエリートと認められたということになります。

まとめ

桐生順平さんは若手ニュージェネレーション世代の筆頭となる実力者のボートレーサーです。

現在ではSG出場も常連となっており、出場するレースはモーターが劣っていない限りは、高確率で舟券に絡んできています。

どこのコースからでも期待が持てますが、特に1~4コースであれば高確率で1着2着に絡んできますし、5~6コースでも高い確率で3着以内に入ってきます。

2017年にはSGグランプリで優勝し、1億円の賞金を手に入れると共に最優秀選手賞・最多賞金獲得選手・記者大賞も獲得し今現在で、最もノリにのっている選手です。

コメント