———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

【ボートレース】井口佳典の競艇の強さの秘密とは?プロフィールや画像まとめ

競艇

競艇界のキングオブギャラクシー井口佳典の強さの秘密とは?
ボートレースの競艇選手「井口佳典」は2018年のボートレースクラシックで見事優勝を飾り今最も勢いがあるボートレーサーの一人!今まで今までの戦績やプロフィールなどを記事にしてまとめています。

PR:24+BOATが開発した競艇予想システム。
独自アルゴリズムにより高精度予想を安定的に供給します。

井口佳典とは?

ボートレース界史上最強とも評される銀河系軍団の一角、王者の名をほしいままにする井口佳典選手は、2018年ボートレースクラシックで6年ぶり、通算6度目のSG優勝を飾り大きく歴史に名を刻むことになったボートレーサーです。

そんな彼は一体どのような人物なのでしょうか。今までの功績なども含めて、魅力に迫っていきましょう。

簡易プロフィール

井口佳典さんは1977年(昭和52年)8月22日生まれで、三重県出身のボートレーサーです。身長167センチ、体重51キロのA型、2019年現在の年齢は42歳です。

1999年10月に第85期生で競艇選手として登録、登録番号は4024です。

師匠は森岡正博さん、奥さんは、元競艇の井口真弓さんです。

ボートレースではなく競輪を目指していた?

井口佳典さんは三重県立松阪工業高等学校在学中に、競輪選手を目指していたが、練習中に骨折をした事を理由として競輪の道を断念し、ボートレースへと進路変更をします。

高校卒業後、会社員時代を経て、ボートレーサー養成所の本栖研修所(現在はやまと競艇学校)に入所しています。

ちなみに、師匠の森岡正博さんは高校の先輩後輩の仲でした。

デビューは1999年

研修時代の本栖リーグの勝率は7.15と非常に優秀で、85期生の中では2位の成績を残し卒業記念の優勝戦でも2着と好成績を収めました。1999年、ボートレース津で堂々のデビューを果たした井口佳典さんは、順調に成績を伸ばしていき、デビュー5期目でA1級になる程の凄腕ボートレーサーになっていきます。

2002年に一般グレード初優勝

井口佳典さんはデビューから3年の2002年の2月17日に、ボートレース若松で開催された「TYSテレビ山口杯争奪戦競走」にて決まり手まくり差しで初優勝を果たしています。

2005年にSG初出場

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8QZx7y4rKB4

井口佳典さんは2005年8月30日からボートレース若松で開催された、「SG第51回モーターボート記念」にてスペシャルグレード初出走を飾ります。優勝戦には臨めなかったものの、好成績を残しました。

2006年にG1初優勝

順調に成績を上げ競艇選手のキャリアも上げていった井口佳典さんは2006年3月30日に、ボートレース住之江で開催された「G1太閤賞競走 開設49周年記念」にてG1の初優勝を飾ります。この時の決まり手は差しでした。

2007年の大ハプニング

井口佳典さんは2007年12月19日、ボートレース福岡において開催されたSG第22回賞金王決定戦に出場しました。

初出場ながら決定戦に進出したものの、スタート直後に同期の湯川浩司さんと絡み合う形でエンスト失格(選責外)となってしまいます。

2008年にSG初優勝

来たる2008年の6月1日からボートレース平和島にて開催された、「第35回笹川賞」にてスペシャルグレード初優勝を飾ります。この時の決まり手は5コースからコンマ07のトップスタートを決めてのまくり差しでした。

2008年賞金王決定戦

2008年12月18日、ボートレース住之江において開催された第23回賞金王決定戦に再度の出場をしました。昨年、ぶっとびエンストで失格してしまった無念を晴らすべく気合十分で臨んだ結果、揃ったスタートから危なげなく1マークを旋回して一気に逃げ切って決定戦初を制覇、見事1年前の雪辱を果たす結果となりました。

井口佳典のレーススタイル

G1優勝13回、SG優勝6回という脅威的な強さを誇る井口佳典さんのレーススタイルはどの様なものなのでしょうか。下記にまとめていきます。

ブチ込み王子と呼ばれた

井口佳典さんはデビュー直後から、とにかくフライングを恐れずにスタートでは強気で立ち向かうことからブチ込み王子と周囲からいつしか呼ばれるようになっていました。

勢いをそのままに進入し、早い段階から思いっきり握るターンスタイル、そして何より井口佳典さんの持続する高い緊張感こそが彼のレーススタイルと言えるでしょう。

「スタートはぶち込みます」

2007年ごろから、井口佳典さんは大一番のレース前に『スタートはぶち込みます』と宣言するようになります。

言葉に違わず有言実行し、コンマ03という素晴らしいスタートを決めていくことからファンから絶大なる信頼を置かれるようになっていきます。

スランプと訪れる転機

井口佳典さんは2008年の賞金王決定戦て優勝をしてからというもの、スランプとも言うべき低迷期を過ごす事になります。しかし、それを抜ける事になる転機が訪れます。

持ちペラ制度が廃止に

成績不振に悩んだ2009年以降の井口佳典さんでしたが、2012年に持ちペラ制度が廃止となった事が大きな転機となります。

自分のレーススタイルに合わせて作ってきたプロペラが使えなくなってしまうことで、井口佳典さんは『一からやり直さなければならない』と感じ、いわば出直しを強いられることになりました。

すべてのボートレーサーが直面した危機とも言えた状況でしたが、伸び悩んでいた井口佳典さんにとっては全てを捨てて、新しい自分を作り直す、そんな良い転機となったのです。

そして、誰よりも早く、2011年時点から新しい既定の範囲内での調整に目を向けて2012年4月を迎えることとなります。

起死回生のSG笹川賞

新制度で行われる初めてのSGとなった2012年5月27日の笹川賞で井口佳典さんは華々しい優勝を飾る事になります。

予選では一度たりとも舟券の圏内から外れないというすさまじい成績を残し、得点率トップで準優進出をはたします。

優勝戦では1号艇で出走となりますが、侵入で操縦席に大量の水が入り込むというハプニングに遭遇したものの、不利を抑え好スタートを決め、再び頂点へと返り咲くことになりました。

第17回オーシャンカップでSGV5の達成

2012年07月17日から開催となった第17回オーシャンカップでは、予選を2位通過し順調に優勝戦まで駒を進め、優勝戦では1番人気に応えそのままの勢いで優勝を決めます。

ちなみにこの時、FNS27時間テレビを見ていた為に寝不足地獄に陥っていたと優勝インタビューで語っていました。寝不足でも優勝するなんて地力がある証拠ですね。

King of Galaxy(銀河の王者)

2012年12月24日にはSG第27回賞金王決定戦に出場し、結果としては3着に終わったものの、この時に名付けられたキャッチフレーズは「King of Galaxy」と決まり、その名を更に轟かせることになりました。

勝率8.21で自身初の1位に

2012年は井口佳典さんにとっては大きな飛躍の一年となりました。その結果が、2013年前期に適用される選手級別において、勝率8.21で1位を獲得したことになります。

まとめ

2018年、今年の賞金王決定戦に名を連ねるであろう井口佳典さんは競艇学校の研修時代から常に一歩前を行く田村隆信さんという最大のライバルを目標とし、挑み続けて今の地位を築き上げました。

2012年にボートレーサー達を震撼させた持ちペラ制度廃止をいち早く研究した上、自分のものとし一気に出し抜いたことは、他のレーサーの追随を許さない程の凄まじい勢いでした。

そして2018年のボートレースクラシックでSGV6を飾り、今後更にボートレース界を沸かせてくれること、間違いなしですね。

キングオブスペースと呼ばれる日が来るのも、そう遠くはないかもしれません。

コメント