———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

ボートレースのファンファーレの違いや種類とは?

競艇 ダンプ 競艇

ボートレース(競艇)のピットアウト時に鳴るファンファーレはレースによって違いがあります!ファンファーレの特徴や作曲者、レースのグレードによっての種類の違いなどを記事にしてまとめていますのでご参照ください。

PR:24+BOATが開発した競艇予想システム。
独自アルゴリズムにより高精度予想を安定的に供給します。

そもそもファンファーレって何?

そもそもファンファーレというのは、主に式典などで演奏される、短くて華やかな楽曲のことを指します。

ファンファーレはトランペット、バリトン、ユーフォニアム、トロンボーン、フリューゲルホルン、フレンチホルン、サクソフォーン、チューバ、パーカッションからなる、オランダやベルギーに典型的な大規模管打楽器アンサンブル(ファンファーレ)バンドのことを指すこともあります。

どちらかというと競馬などのGⅠレースでもお馴染みですが、一般的に『ファンファーレ』というと、レース前に鳴らされる楽曲というイメージですね。

競艇のファンファーレは何種類ある?

現在、全国24か所ある全ボートレース場においてファンファーレは共通しており、レースの種類によって使い分けられています。

種類は全部で10種類あり、ざっくりとレースの規模や種類によって流される楽曲が違っています。

ちなみに、現在流れているファンファーレに統一されたのは、2010年5月30日のSG笹川賞以降で、それ以前は別のファンファーレ音楽が使用されていました。

1991年から2010年5月までの旧ファンファーレは、SG、G1、G2以下の3グレードあり、それぞれ予選競争用、優勝戦用の2種類で全部で6曲のファンファーレが使用されておりました。

それに加え、ボートレス住之江で開催されるG1競艇名人戦のみで使われる旧・ファンファーレや、ボートレース下関で稀に使われる旧・ファンファーレ、そしてボートレース常滑のお盆開催「名鉄杯」優勝戦で使用されるパノラマカーのミュージックホーンなど、ボートレース場によって違うことがあるという特徴もありました。

ファンファーレの細かい違い

2019年現在の全10曲のファンファーレは以下のレース毎に使用されています。

  • 一般戦とG3の予選
  • 一般戦とG3の優勝戦
  • G2とG1の予選
  • G2とG1の優勝戦
  • SGの予選
  • SGの優勝戦
  • 新鋭リーグの予選
  • 新鋭リーグの優勝戦
  • 女子リーグの予選
  • 女子リーグの優勝戦

それぞれの曲には特にタイトルという概念がないので(本当はあるかもしれませんが)、名称を付けるのは少し難しいです。

作曲者は?

現在のファンファーレの作曲を手掛けているのは、マツオカヒロタカさん、高橋千佳子さん、延近輝之さんの3名で、この3名の方は他にも映画音楽やCM曲なども手掛けられています。

それぞれ、以下の曲を担当されました。

高橋千佳子さん

  • SG優勝戦/高橋千佳子(作曲)
  • SG予選等(優勝戦以外)/高橋千佳子(作曲)

マツオカヒロタカさん

  • G1とG2優勝戦/マツオカヒロタカ(作曲)
  • G1とG2予選等(優勝戦以外)/マツオカヒロタカ(作曲)
  • G3と一般優勝戦/マツオカヒロタカ(作曲)
  • G3と一般予選等(優勝戦以外)/マツオカヒロタカ(作曲)

延近輝之さん

  • 新鋭王座と新鋭リーグ優勝戦/延近輝之(作曲)
  • 新鋭王座と新鋭リーグ予選等(優勝戦以外)/延近輝之(作曲)
  • 女子王座と女子リーグ優勝戦/延近輝之(作曲)
  • 女子王座と女子リーグ予選等(優勝戦以外)/延近輝之(作曲)

ちなみに以前のファンファーレの6曲のうち、3曲(各優勝戦)はさだまさしさんが作曲されて、その他は城賀イサムさん、佐伯亮さんが作曲をされていました。

ファンファーレの変更理由

2010年にファンファーレが変更された理由については明記されていたりはないので、憶測の域を出ませんが、競艇という名前からBOATRACE(ボートレース)に生まれ変わったのと同時期であることから、施策の一環としてファンファーレの変更も行われたのではないかと思います。

1991年から、実に19年間も同じファンファーレを使っていたのに刷新変更となった事で、当時の競艇ファンは大きな違和感と共に、競艇という言葉の廃絶に拒否反応もあったと言われています。

そもそも「ボート」「ボートレース」「モーターボート競走」といったように呼び名があったものを「競艇(きょうてい・KYOTEI)」に名称が統一されたのが1997年だったのですが、その後、「BOATRACE」になった背景というのもあります。

この名称変更については、若い層を取り込もうという流れがあったのではないかとも言われています。

とはいえ、確かにいまでは様々な芸能人がCMに出演し、そのCMも頻繁に流すなど、ファン層拡大に艇会をあげて取り組んでいるというのはうかがえますね。

まとめ

ボートレースのファンファーレは全部で10種類存在し、レースの種類によって流されるものが違います。

少し意外だったのが、現在のファンファーレの変更が行われたのが2010年と思ったより最近で、年配の方からすると未だにしっくりこないなんて人もいるということです。

今後変更があるかどうかはわかりませんが、ボートレース場によって特徴のあるご当地ファンファーレが流されるという制度はあっても良いのかもしれませんね。

ファンファーレを聞くと高鳴る鼓動、高揚感が沸くのは何ものにも代えがたいですし、古いものを撤廃してしまうのではなく、もし変更となっても、継続利用も検討してもらいたいものです。耳馴染みの音が無くなるのは寂しいですよね。

コメント