———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

【競艇攻略】ボートレースの回収率を上げるための3つの方法まとめ

競艇

ボートレース(競艇)の回収率を上げるために必要な方法を徹底調査!予想の攻略ポイントから競艇の控除率の考察まで、分かりやすく記事にしてまとめていますのでご参照下さい。

PR:24+BOATが開発した競艇予想システム。
独自アルゴリズムにより高精度予想を安定的に供給します。

競艇のおける回収率とは?

ボートレースや、競馬・競輪などの公営ギャンブルをされる方であれば、的中率や回収率という言葉をよく耳にされると思います。

予想を当てるのだから的中率を重要視している方のほうが多いかもしれませんが、実際には回収率を考慮して予想を組み立てないと勝てないのがギャンブルなのです。

例えば、

的中率が70%で回収率が30%
的中率が30%で回収率が70%

どちらの結果が良いかは一目瞭然ですね。前者の場合は、オッズの低い単勝や複勝がメインの予想の組み立て方の場合が多く、当たりやすいけれどオッズは低く、トリガミになり結果的に負けているパターンです。

後者の場合は、2連単や3連単など予想は的中しづらいですが、的中した際にはオッズが高くなり恩恵が大きいというパターンです。

勘違いしないでいただきたのですが、単勝や複勝を買わずに、2連単や3連単を購入するべき、という単純なな話ではありません。

色々な買い目や買い方を複合的に判断して予想を組み立てる際に、回収率を考慮した考え方というのが必要になるのです。

ボートレースを含む公営ギャンブルを長くする上で、何レース、何百レースと予想をしても、的中率が100%になるということはありえませんが、回収率100%を超えることは可能です。

今回の記事では、この回収率100%を超えるために、どのような思考をするべきで、どのような予想の組み方や舟券の購入をするべきなのかを、分かりやすくご紹介していきます。

回収率の計算方法

回収率は簡単に言うと、どれだけ勝っているかどれだけ負けているかの勝敗を分かりやすく表す数値です。

100%という数字がプラスマイナス0の状態となり、100%を超えていれば収支はプラスに、100%未満の場合は収支がマイナスの状態です。

ひと口に回収率といっても、1レースだけの場合や、1日のトータル収支の場合、生涯のトータル収支の場合など様々な場面で使用されます。

回収率の計算方法は、「払戻金÷舟券の総購入金額×100」となります。
舟券を1万円分購入して、8500円の払戻金があった場合は、回収率は85%で収支はマイナスということになります。また、舟券を1万円分購入して、24500円の払戻金があった場合は、回収率は245%となり収支はプラスとなります。

ボートレースの控除率

ボートレースの控除率はご存知でしょうか?

公営ギャンブルであるボートレースには控除率が存在し、レーサーの賞金や会場の設立、スタッフなど人件費や、運営費は、全て舟券を購入した人の舟券代から捻出することで成り立っています。

例えば、1レースの売上が2,000万円の場合、そのまま2,000万円を払戻金として支払うと競艇場は運営ができません。売上金から25%の控除を差し引いた、75%が舟券の的中者へ払い戻されるという仕組みになっており、その25%分が競艇場の利益となり運営費になるのです。

つまり、どんなに高額な万舟券が出たとしても、レースで購入された舟券の売上からその払戻金は支払われるので、運営が損をすることは絶対にありません。ただし、そのレースが中止になったり、全艇がフライングとなり返還となった場合には、機械的損失という意味での損はあります。

回収率100%を超えるためには

競艇における控除率は25%ですので、競艇で舟券を購入した全員の方の回収率を平均すると75%となります。この75%を取り合うので、回収率が100%を超える人もいれば、75%から大きく下回る人もいるわけです。

回収率100%を超える事はは難しい事ではありますが、可能性は大いにある数字と言えるでしょう。

ここからは、回収率100%を超えるための方法論をご紹介していきます。ここでいう回収率は1レースや1日単位の、短い期間の回収率ではなく、長期間、少なくとも1年以上(100レース以上)を勝負した期間での回収率のことをさします。

資金配分と投資金額

回収率は投資金額に対し払戻金が大きければ大きいほど上がっていきます。そのため、投資額を増やす事で配当も大きくし回収率を上げるという方法もあります。

この方法は負けがこんできてしまった人が、負けを取り戻そうとして陥りやすい心理状況ときに使用される方法です。しかし、投資額を増やさなくても同等の回収率を得る事は可能です。

回収率に関しての考え方を少し変えてみましょう。

例えば、軍資金が1万円あってオッズが1.3倍の舟券を購入したとします。

  1. 大きく勝ちたい場合は1万円分購入
  2. コツコツ行く場合は1000円分購入

上記の2つのパターンですが、舟券が的中した場合に、1万円分購入の配当は13,000円となり回収率は130%、1,000円購入の場合も配当は1,300円で回収率は同じ130%、どちらの回収率も同等の数字になるのが分かりますよね。

この場合で考える必要があるのは、リスク配分となります。1のパターンの場合は、舟券がハズレた場合に回収率は0%になり、他のレースでの勝負をすることはできませんが、2のパターンの場合は、回収率が90%でまだ他のレースで勝負をすることが可能となります。

これらを踏まえると、ボートレースで回収率100%を目指すのであれば、一度に大きく勝ちにいくというよりも、コツコツと勝ちと回収率を積み重ねていくことを心がけるべきというのが分かります。

長い目で見たときに回収率をあげていくのに必要なのは、資金配分に注意して堅実にコツコツと積み重ねる心ということです。

1つのレースに一喜一憂しない

回収率100%を超えるためには、長期的に考えられる頭が必要となります。

競艇に限らずギャンブルのビギナーや、ギャンブルで負けこんでいる人の多くは、一つのレースや一つの結果に固執し一喜一憂する傾向があります。

何度も繰り返し行うギャンブルで、勝率(的中率)が100%になることは絶対にありえません。毎回毎レースの全てで勝つことは不可能なのです。

もちろん、生まれて初めて買った舟券が的中し、もう二度と競艇をやらなければ勝率100%ということになり勝ち逃げはできます。

ただし、何度もレースで繰り返し舟券を買うことで勝率(的中率)は下がっていきまいます。その時に、回収率をどうあげていくべきなのか、それは長期的な考えの思考を持つことが重要なのです。

回収率を考慮した舟券の買い方

回収率100%を目指す上で必要不可欠な舟券の買い方は、どの買い目で舟券が的中しても投資額以上の払戻金になるように、資金と回目を調整することです。

本命でオッズが低いような舟券は資金を多めに投資する、逆に穴系の舟券は資金を少なめに投資します。

ここで大事なのは、穴の舟券を狙う場合は、本命の舟券も同時に購入しておくということです。そして、その部分の資金配分を調整することで、回収率の維持やアップにつなげることができるのです。

まとめ

最後に、まとめとして、回収率100%を目指す上で重要な3つの方法をお伝えしておきます。

  • 投資金額の資金配分を考える
  • 長期的な回収率アップを目指す
  • 舟券的中時に回収率100%以上になる買い方をする

上記の方法が絶対とは言いませんが、ギャンブルで勝っている人(回収率100%を超えている人)の思考方法は、上記に近いものがあります。

この他にも、プロの予想に丸乗っかりするという方法もありますが、回収率100%を超えるプロを見つけ出すことができるのであればそれも良いかもしれません。

ボートレースは、年を重ねても出来る公営ギャンブルです。長く楽しむためにも生涯の回収率をあげていきましょう。

コメント