———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

ボートレースの勉強はまず何から覚える?最低限の知識は押さえよう!

競艇 ? 初心者

競艇(ボートレース)は他の公営ギャンブルよりも的中率が高いとは言っても無知識で舟券を買うのは無謀です。レース予想を当てる為にはどうすればいいのか?初心者から中級者まで覚えるべき知識を記事にしてまとめていますのでご参照ください。

PR:24+BOATが開発した競艇予想システム。
独自アルゴリズムにより高精度予想を安定的に供給します。

始めるなら最低限の知識を勉強しよう

まずはこれからボートレースを始めてみたい!と思っている人が最低限覚えておく必要があると思われることを順次紹介していきます。

競艇は常に6艇で行われる公営競技

ボートレース(競艇)は競馬や競輪、オートレースとは違い、全てのレースが常に6人(6艇)で行われるのが特徴です。

これにより、他の公営ギャンブルと比べると的中率が最も高い公営競技なります。

なぜ的中率が高くなるのか?というと、単純に6艇の内どれが1番になるのか?を当てる確率は1/6となりますからから、競馬などの例えば18頭立ての内の1番となると1/18となることを考えれば的中率の高さが一目瞭然かと思います。

競艇は基本的にインコースが有利

ボートレースにおける1番内側のコースである1コースをインと呼びますが、このコースでレースをスタートした選手(艇)の勝率は約50%を超えています。

1コースの選手=1号艇では必ずしもないのですが、大半の場合(確率にして95%以上)が1号艇の選手が1コースに枠なりに侵入し、レースがスタートします。

つまり、勝率が一番高いのが1号艇なのです。

競艇場によっての違い

競馬などでもそうですが、ボートレース(競艇)も競艇場によって様々な違いがあります。

ボートレースを開催している会場は全国に24ヶ所あり、各競艇場の違いや特徴を全て覚えることが理想ではありますが、まずはどこか一つの競艇場の特徴を把握してしまうことがおすすめです。

中でも、最もわかりやすい特徴を持つのがボートレース徳山(徳山競艇場)と言われています。

ボートレース徳山は、1号艇が1コースでレースが始まり、1着になる確率が他の競艇場に比べて最も高いのです。

競艇のイン有利の原則が最も当てはまっている会場=非常にレース展開が分かりやすいということに繋がります。

舟券の種類は全部で7種類

ボートレースではどの選手(艇)が勝つのか?を舟券(勝舟投票券)を購入し、その購入した予想が的中した場合に配当金を得ることが出来ます。

最低投票価格は100円で、舟券の種類は単勝、複勝、2連単、2連複、拡連複、3連複、3連単の全7種類あります。

  • 単勝…1着の艇を当てる
  • 複勝…2着までに入る艇を当てる
  • 2連単…1・2着の艇を着順通りに当てる
  • 2連複…1・2着の艇を当てる
  • 拡連複…1~3着までの2艇を当てる
  • 2連複…1・2・3着の艇を当てる
  • 3連単…1・2・3着の艇を着順通り当てる

最も配当が低いのが複勝で、的中率は1/3
最も配当が高いのが3連単で、的中率は1/120です。

※場合によっては3連単が2連単を下回るオッズこともあります。

舟券のオッズとは?

競馬などと同様に、ボートレース(競艇)にもオッズという概念があります。
人気がある艇のオッズは低くなり、人気が薄い艇のオッズは高くなります。
人気とオッズは反比例しているという風に把握しておけば問題ありません。
ボートレースのイン有利の原則から考えれば、自然と勝率の高い1号艇には人気が集まりやすく、相対的にオッズが低くなりやすいです。
その為、的中させるだけであれば1号艇の複勝を買えばかなりの高確率で的中させることが出来ますが、その分の配当は限りなく少なくなります。

舟券はどこで購入できる?

舟券は全国の24ヶ所のボートレース場やその周辺にあるボートレースチケットショップで購入することができます。

また、テレボート会員に入会すれば、インターネットや電話でも舟券を購入することができます。

舟券の払い戻し

いざ舟券を購入し、レースが開始されましたが、自分が購入していた艇がスタート事故(フライングや出遅れ)を起こしてしまった。
そんな場合には、その舟券が払い戻し対象になり返金されるというケースがあります。

こちらもいくつか規定があるので、払い戻しになるか否かの判断がつかない場合は、実際に舟券を購入した機械に入れることで返金を受けることが可能となります。

また、オンライン投票の場合には、自動的に指定口座に返金が行われるので払い戻しを受け忘れることがなく安心できます。

配当金のもらいかたは?

前述していますが、的中した場合と払い戻し返金になってしまった場合は同様の方法で配当を得ることが出来ます。

中級者は予想の組み立てを勉強しよう

競艇初心者はとりあえず、舟券購入までの流れを知っておけば、ボートレースに参加することが出来るので、最低限の知識だけでよいですが、中級者として競艇を楽しむのであれば、予想の組み立て方も勉強するべきです。

ボートレース(競艇)は確かに的中率が高いと言われていますが、それの最たる理由というのが、わかりやすいイン有利の法則と、レースあたりの出場艇数が少ない事(6艇)に起因しています。

ただ、問題となるは的中率が高いからといって、絶対に勝てるか?というとそういうわけではないのです。

その理由はまさに的中率の高さの部分であり、出場艇数が少なくてインが有利なので良そうの票が割れづらく、1号艇が来ないというような波乱の展開のケースじゃないと大きな配当を得るのが難しいからです。

インを優先的に購入して当てる楽しみを知った初心者が次に向かうべきところ、それはより深い考察をした上でのインを切っていけるような条件を定義し、予想をして当てるだけではなくトータル的に勝つ為の知識を勉強していく事です。

情報を入念に確認する

インターネットの普及により、現在ではオンラインで簡単に様々な情報データを見ることが出来るようになりました。出走表が発表された時点で、レーサー達の様々なデータを確認することが出来ます。

この情報を知るか知らないかでは、予想をする上では大きく差が生じてしまう部分なので、絶対に確認するようにしましょう。

選手の級別と枠番

これは初心者の項で紹介しても良かった部分はありますが、ボートレーサーにもグレードがあり、B2B1A2A1と言った級別が存在しています。

級別の違いはそのまま選手の実力の差とも言えますので、A1選手とB2選手が同時に出走するようなレースでは、圧倒的にA1選手が勝つ確率が高くなります。

その上で、このA1選手が1号艇にいる場合には勝率は圧倒的に高くなるでしょう。

ですので、予想しようと思っているレースでは、選手のそれぞれの級別、また、枠番は必ず確認するようにしましょう。

レーサーの所属支部と当地勝率、全国勝率

ボートレース場によって違いがある、で少しだけ触れましたが、実はこの違いというのは思いのほか大きく、舟券を買う側だけではなく、特にレーサーにとって影響のある部分だったりします。

ボートレーサーは全国の各支部に属しており、いわゆるホームグラウンドの競艇場というものが存在します。

これにどのような影響があるのかというと、簡単に言えば走り慣れているか否かで大きくレース展開に違いが出ます。

その会場を、100回走った事があるレーサーと、1回しか走った事のないレーサーであれば、本来の実力をひっくり返すような結果になる可能性は十二分にあるということです。

ですので、まずはレーサーの支部がどこなのか?ということ、そしてそれと共に全国勝率、当地勝率(その競艇場での勝率)は必ず確認するようにしてください。

また、地元選手であるからこそ、地元で大きく応援され、実力に関係なく舟券が買われて、本来の実力ベースでのオッズとかけ離れることもあるので、この辺りの事情まで把握して舟券を購入できるとベストですね。

モーターの勝率

ボートレーサーの腕を凌駕するほどにレース展開に影響があるとも言われているのが、モーターの良し悪しです。

モーターは事前にレーサーが抽選で獲得しているもので、モーター自体の勝率の良いものを引き当てているレーサーは、順当に勝ち上がることが多かったりします。

この情報も事前に新聞等に記載がありますので、モーター勝率は絶対にチェックしましょう。

もっとも、このモーターとペラの調整をレース前までに仕上げることがボートレーサーの実力の一つとも言えるので、いくら良いモーターを引き当てていたとしても、調整がうまくいってなければそのモーターの性能を引き出しきれないということもあります。

レーサーの直近成績

波に乗っている、勝ち癖がついている、勢いがある…そんなレーサーはとんとん拍子に勝ちを量産している事、ボートレースではよくあることなので、その選手のここ最近の勝率、勝ち方等にもアンテナを張っていたいところです。

これと同時にその選手の得意のコースや戦略も見えてくると思うので、参加するレースと同枠番からの1着を獲っている様なら期待が高まると言っても良いでしょう。

また、ボートレースではスタートがとにかく最重要ともいえる要素になりますので、平均スタートタイムが良いレーサーはそれだけで有利な展開に持ち込むことが出来ます。
平均スタートタイムの良さは大切な確認事項と共に、フライングをしているか否かもチェックしておきましょう。

ボートレーサーはフライングなどのスタート事故をしてしまうと、大きなペナルティが課せられます。直近でフライングをしている場合、もう一度行ってしまう事で更なる大きなペナルティが課せられる事から、スタートには慎重になりがちと言われています。

この辺りも考慮し、レ^ス予想を組み立てていきましょう。

レース直前情報の確認

レース前の時点である程度予想を固めることが出来たら、次はレース直前の情報をその予想に更に加味して展開を練っていくのが大切です。

展示航走を必ず確認する

レースに参加するレーサーが必ず実施するのが展示航走です。

展示航走にはスタート展示と周回展示の2種類がありますが、簡単に言えば競馬のパドックのようなものであり、レース直前のレーサーの調子、モーターの仕上がり具合などを確認できるデモンストレーションとなります。

前項のモーターの仕上がりをレース前に確認できる唯一の機会となりますので、こちらも必ず確認するべき部分です。

スタート展示で見るべきところ

スタート展示は本番さながらのスタートを全艇が決めてくれるという感じもしますが、実際にはそうでない事もありレーサーによってはあえてフライングをしてきたりすることもあります。

ただ、スタートタイミングがバッチリと決まっている場合に、本番でも同様のスタートを切ってくれると考えておいて良いでしょう。

また、フルスロットルで回しているので、実際にどの程度モーターに伸びがあるのかを見れる部分でもあります。

周回展示で見るべきところ

周回展示では、特にターンがうまくできているかに注目しましょう。ターンマークを外していないか、流れていないか、そして艇が暴れていないかなど、これらは特に注視すべき部分となります。

風向き、波高と水温、気温

ボートレースでは天候や気象状況によってレース展開が大きく変わることがあります。

例えば最も注視されているのが、追い風と向かい風です。

圧倒的なイン有利と言われるボートレースでも向かい風の場合では、インが不利になると言われています。

当然、逆に追い風であればさらにインに有利に働く、となるわけですが、最近ではこの法則にも乱れが出てきていると言われています。

というのも、向かい風でインが不利になると言われている理由がスロースタートだと助走距離が短くてトップスピードに乗せられないからという理由なのですが、ここ最近ではモーターの性能が以前と比較すると格段に良くなってきた事で、風向きだけでは、あまり影響しないのではないかとも言われています。

となると、風向きというより風速の方を考慮するべきであると考えられます。

風速が5m以上とならなければ、この風向きのセオリーは無視しても良いのではないかというわけですね。

この辺りは意見がわかれる部分でもあるので、とりあえずは追い風イン有利、位に覚えておけば良いと思われます。

まとめ

競艇 ボートレース

正直なところ、ボートレースをやる上で勉強するべき事や覚えるべき事というのは、あまりにも多く、紹介しきれるようなものではありません。

ここまでいくつか挙げているものも、人によっては最低限の知識以下のものだという場合もありますので、ご了承頂きたい部分ではあります。

とはいえ、知れば知る程奥が深く、楽しみ方が変わってくるのがボートレースです。様々な角度から様々な情報や要素を駆使して予想を組み立てていくのが面白いのです。

知識欲をほど良く刺激しつつ、日々勉強をしていくと勝率アップに必ずつながるので、競艇の勉強は怠らず少しずつ重ねていきましょう。

コメント