———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

ボートレース下関(下関競艇場)の特徴やイベントやアクセス方法など詳細まとめ

競艇

2017年4月からナイター専用となった下関競艇場は予想が難しい?ボートレース下関のコース水面の特徴や、レース予想の攻略ポイントを徹底調査しました!施設内の食堂や名物グルメ、ライブや結果の見かた、予想新聞に至るまで、様々な情報を記事にしてまとめていますのでご参照下さい。

PR:24+BOATが開発した競艇予想システム。
独自アルゴリズムにより高精度予想を安定的に供給します。

ボートレース下関とは?

ボートレース下関(下関競艇場)は、山口県下関市にあるボートレース場です。

本州にある公営競技施設としては最西端にあり、下関市の東部・長府地区の工業団地群の一角に位置しており、施行者は、下関市です。

施設名称はBOAT RACE下関で、2010年(平成22年)度以降この通称に変更されています。
同時に正式名称も2015年度にボートレース下関(ボートレースしものせき)へと変更されました。

ボートレース下関のキャッチコピーは「クールなレジャー」です。

日本の公営競技開催場として初めての試みである薄暮競走を1983年夏に開催した歴史があり、現在はナイター専用のボートレース場となっています。

ボートレース下関の特徴

2017年4月からナイター専用のボートレース場となったことから、第1レースの開催は15時台と遅く、時期によりレースの大半が日没後の開催となります。

ナイター競争の愛称は「海響ドリームナイター」と呼ばれています。

メインとなるスタンドは中央スタンドおよび西スタンドで、いずれも全天候型の対応になっています。
さらに中央スタンドには4階(指定席)および5階(ロイヤル席)に有料座席が設置されているなど、かなり規模が大きい会場です。

ナイター専用競艇場ということもあり、他のナイター場よりも高い位置にあるLEDを使った照明の効果で、夜でも一際明るい水面を実現しています。

マスコットキャラクター

ボートレース下関のマスコットキャラクターは、海賊をイメージした「シーボー」で、2010年3月に当地で女子王座決定戦競走が開催された事に合わせてガールフレンドとして「シーモ」が加わりました。

名物グルメは?

ボートレース下関の名物グルメは「くじらロール」です。

下関名物のくじらのかつをパンにサンドしたメニューとなっています。

下関というとフグをイメージしますが、実はくじらも名物なのです。
他にも下関市では、うに、あんこう、いかを推しているのですが、ボートレース下関内のメニューとしては見当たりませんでした。

ただ、会場の周辺にはかなり美味しいお店が多数あるので、是非チェックしてみてください。

競走水面の特徴

ボートレース下関の競争水面は海で、水質は海水です。

水面のサイズは、大時計から対岸までは130.5m、スタンドから1マークまでが43m、1マークから対岸までは91mで、ピットから2マークまでの距離が173mもあるのでインが深くならず、インが主導権を握るのは、ナイター開催になっても変わりません。

本番ピットから大時計までは320mもあり、助走をたっぷりとったまくりも決まりやすいコースです。

海水のため体重差が出にくく、重量級レーサーの豪快なモンキーターンが多くみられます。大潮の時間帯を除けば水面は基本的に穏やかですが、大潮の日の満潮時は、午前中を中心に海水の流入により競走水面にうねりが生じ、まくりが効きづらくなる傾向があります。

波が高くなるほどインの信頼度が下がるということは覚えておきましょう。

主要開催競走

ボートレース下関の主要開催競争をご紹介します。

周年記念 (GI) として「競帝王決定戦」、企業杯 (GⅢ) として「長府製作所杯」が行なわれています。

新鋭リーグ戦(現ルーキーリーグ)の名称は、「トランスワードトロフィー」で女子リーグ戦(現オールレディース)の名称は、「ジュエルセブンカップ」です。

正月には「協同組合下関ふく連盟杯争奪お正月特選」が、ゴールデンウィークには「日本モーターボート選手会会長杯GW特選」が、お盆には「日本財団会長杯スマイルカップレースお盆特選」が行なわれています。

2017年4月からは企画レースが以下のように行われています。

  • 第1レース「シーモ戦」A級選手を1号艇に、他5艇はB級選手等。
  • 第5レース「進入固定競走」
  • 第7レース「ふく~る戦」A級選手を1・4号艇ともう1艇をA級選手、他3艇はB級選手等

予想のコツやポイント

ボートレース下関でレースを予想する際には、風の向きや強さがとても重要な予想のファクターとなります。

夏場はバック側の横風、冬場はスタンド側からの横風がよく吹きます。

この横風が曲者で、スタート付近で向かい風が追い風に変わり思わぬ勇み足(フライング)ということが多々あります。

また向かい風はまくり、追い風はインという一般的なセオリーはここには当てはまらず、微妙に変わる風を読み切ったレーサーが好成績を残しています。

地元レーサーだからこそスタート事故を起こせないという意識が強く、スタートが難しい事から、より慎重になることも考えられます。

とはいえ、多少の風が吹いてもインの強さは変わらないことから、全国屈指のイン有利の下関競艇場においては、風速5メートルを超えるまでは大きな変動がなさそうです。

これらを考慮した上での予想をするのが良いですね。

のライブ中継とレース結果は公式サイトで確認

当日のレース結果、展示リプレイなどは公式サイトで確認することが出来ます。
特に展示タイムはイン有利の下関競艇場ではチェックするべき大事な材料となるので、レースを予想する際には事前に見ておきたいですね。

■公式HP(外部リンク)
http://www.shimonoseki.gr.jp/

直前予想とコメント

ボートレース下関のレース開催時は、各レースのスタート展示終了後に、日刊スポーツによる直前予想が公開されます。

■日刊スポーツ予想(外部リンク)
http://nikkansports.raceyosou.jp/boatrace/shimonoseki/

  • スタート展示
  • 展示タイム
  • 直前気配
  • 予想フォーカス
  • 予想コメント
  • コンピ指数

それぞれかなりしっかりと情報を提供してくれるので予想の参考材料として使うことが出来ます。

アクセス

  • JR長府駅下車徒歩3分
  • サンデン交通「長府駅前」または「長府駅」バス停で下車
  • レース開催日には、JR下関駅など下関市内各地から無料バスが運行されている
  • 中国自動車道下関IC・小月ICから自動車で15分[15]、国道2号(国道9号重複)沿い

交通費のサービス

JR線運賃が長府駅から970円までの区間の駅から乗車して来場した場合、長府駅下車時に改札口で乗車券に下車印をもらって正門片道サービス窓口に持っていくと、復路相当の乗車券(回数乗車券をばらしたもの)がサービスされます。

自動車利用の場合、関門トンネルもしくは関門橋経由で来場する場合は領収書持参で中央門片道サービス窓口に行くと通行料の払い戻しが受けられます。

まとめ

ボートレース下関は全国屈指のイン有利として有名ですが、風の方向と波の高さによってはレース結果が変動することがあり、高額配当の穴をねらうのであればこれに加えて悪天候の時を狙うのが一番良いでしょう。

ただ、どちらかというと堅実に、着実にインを拾うようにして大きな配当をというよりも、コンスタントに舟券を的中させて楽しむというスタイルの方が良いレース場かと思います。

ボートレースは連日開催されているとはいえ日中は参加しづらいですが、ナイター専用競艇場である下関であれば初心者も含めライブ配信を見つつ、誰でも参加しやすいのも良いですね。

現地は海産物の宝庫でもありますし、ボートレース以外にも楽しめる良いところなので、是非一度足を運んで訪れてみてはいかがでしょうか。

コメント