———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

【競艇】ボートレースの予想で風の情報は超重要!見極め方とは?

競艇

競艇(ボートレース)のレース予想をする上で、風や波など天候の情報は重要なファクターの一つとなります。風を見極め高額舟券を的中させましょう!風と競艇の関わりに関してを徹底的に調査して記事にまとめていますのでご参照下さい。

PR:24+BOATが開発した競艇予想システム。
独自アルゴリズムにより高精度予想を安定的に供給します。

風を制して競艇を楽しもう

ボートレースは、競馬や競輪やオートレースと並ぶ公営ギャンブルの一つです。競艇はモータースポーツですので、馬や人と違いスタミナという概念がなく、スタートからゴールまで全速力で走りきることができるため、特にインコースが有利になるという特徴があります。

そして、室内ではなく屋外で水面を走る競走のため、コース水面の状況がレースを予想する上で非常に重要な要素の一つとなります。

その水面の状況を一番変えてしまうのが「」です。風の情報を制するものはレースを制するといっても過言ではありません。

この記事内では、競艇と風に関するさまざまな事象を徹底的に調査してご紹介していきます。レースを予想する上での参考になれば幸いです。

風向きと風の強さ、その影響

ボートレースの公式HPである「BORT RACE」で公開されているデータでは、風向きは下記の8種類の方向に分類されております。

  • 北東
  • 南東
  • 南西
  • 西
  • 北西

「無風」という状態を合わせると風向きは9つのパターンに分けることができます。

さらに、ここで重要なのが「追い風」であるか「向かい風」であるかという事です。

各経千絵場によって、東西南北で追い風か向かい風かが変わってきますので、どの方角でどの方向の風が吹いているかは、レースを予想する前に確認しておきましょう。

通説ではホームストレートが「追い風」だと、助走が短いスロースタートの選手でも勢いよくダッシュできるのでインコースが有利となり、逆に向かい風ですとスローの選手がスピードに乗りづらいので、助走距離の長いアウト側のダッシュスタートの選手が有利になると言われています。

しかしながら、この通説は現在ではあまり通用しません。なぜならモーターの性能が進化している現在は、多少の向かい風でもトップスピードにのせられるようになっているからです。

そこで、風の強さである「風速」を確認することが重要となってきます。風速が5m以上の強い場合は、昔の通説である追い風はインが有利、向かい風はアウトが有利という状況のレース展開になりやすいからです。風向きと風速を事前に確認するだけで、舟券の的中率の向上にも繋りやすいので、是非とも覚えておいてくださいね。

風によるスタートの影響

強風が吹くと、レーサーはスタート勘が乱れることが多く、良いスタートが切りづらくなります。

強風の定義とは、風速5m以上あたりと言われており、その付近からスタートがじょじょに乱れることが増え、風速10mを超えるとかなりスタートの上手なレーサーでも慎重になって好スタートを切るのは難しい状況になります。

風速10mに近い風の強さの時はかなり荒れたレースになりやすいので注意が必要です。

雨での影響は?

ボートレースは基本的に雨の天候でも決行されます。雨が降ろうが雪が降ろうが基本的には実施されます。風の影響力は前述した通りですが、雨の場合の影響力はどのくらいあるのでしょうか。

結論から言うと、競艇は水上を走るモータースポーツですので、ボートが巻き上げる水量は相当なものがあります。先頭を走っている艇のレーサー以外はびしょ濡れとなり、常に細かい水滴をかぶっている状態なので、多少の雨くらいではレースの結果に影響はしません。

影響があるのは、雨の勢いが強いときは、ボートレーサーが着用しているヘルメットに水滴が多く付き、スタート版が見えづらくなり、スタート勘が鈍る場合があります。

そして、競艇に使用するモーターは、雨が降り湿度が上がることで出力に影響を及ぼす場合があります。モーターのセッティング状況に影響が出る可能性はあります。

風でレースが中止になる場合

ボートレーが中止になる最も多い場合が、台風や強風が吹き荒れているケースです。

主催者がレースをするのに危険だと判断した場合は、該当レースは「中止」もしくは「一時中断」となります。

どしゃぶりの大雨でも、風が吹き荒れていなければレースは開催できると判断されることが多いです。

中止される風の強さの目安は「風速10m」を超えたあたりと言われています。

レースが中止になるかどうかという、瀬戸際くらいの風が吹いているときは、レース内容も大荒れになることが多いので、穴党の方は積極的に高額舟券を狙っていっても良いかもしれません。

風以外のレースが中止になるケース

競艇は水面で行われるので、多少の雪が降っても積りはせずに溶けますのでレース自体は開催されることが多いです。ただし、大雪(ドカ雪)になった場合は選手のヘルメットに雪が積もり視界が極端に悪くなってしまうので、中止と判断される場合もあります。日本の北側の豪雪地方に競艇場がないのはその為でしょうね。

後は軽めに降ってる雪でも、強い風が吹き荒れているときはは中止になる場合もあります。そして、滅多にありませんが、水面が凍結して雪がうっすら積もって中止になったケースもあります。

また、機器や機械の故障で中止になるケースもあります。ボートレース場に必ず設置されている大時計の故障でレースが中止になったこともあります。

基本的には、中止や一時中断の判断は、現場にいる主催者が判断し決定します。レーサーの安全確保はもちろんのことですが、来場しているお客様や働いている職員の安全の為にレース中止を判断する場合もあります。

まとめ

競艇 買い方

ボートレースと風との関わりをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

競艇とは考える要素も多く非常に奥が深いので、自力で予想をする上で、必要なデータを集めだすとキリがありません。

レースを予想する上で、自分の中で、どのデータを重要視して、どのデータを切り捨てるか、取捨選択が必要となります。

そして、競艇のレースを予想する上で「風」という要素は最も重要ななファクターの一つといっても過言ではありません。

舟券を的中させるにあたり、この「風」という要素は決して軽視してはならない存在なのです。

風を味方に付け、ボートレースの予想を楽しみ、的中率を向上させていきましょう。

コメント