———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

ボートレースとこなめの特徴やイベントやアクセス方法など詳細まとめ

ボートレースとこなめ 競艇

ボートレースとこなめ(常滑競艇場)のコース水面の特徴や名物ぐるめと言えば?レースを予想する上で知っておきたい重要な攻略情報や勝率、またアクセス方法などの交通事情も記事にしてまとめています。是非ともご参照ください。

PR:24+BOATが開発した競艇予想システム。
独自アルゴリズムにより高精度予想を安定的に供給します。

ボートレースとこなめとは?

ボートレースとこなめ(常滑競艇場)は、愛知県常滑市にあるボートレース場です。

当初は、1マーク側から向正面にかけて伊勢湾とすぐ隣接するレイアウトでしたが、中部臨空都市の埋め立てが進んだため海からの距離が離れていきました。

会場のキャッチコピーは「とことんハッピー BOAT RACEとこなめ」で、名前が読みづらいからということからか、常滑をひらがなで表記されているのがポイントとなります。

主な主催者は所在地でもある常滑市ですが、伊勢湾台風により壊滅的な被害を受けて1963年度をもって閉場した半田競艇場にて競走を主催していた半田市も年間24日間は主催者となります。

特徴

ボートレースとこなめ 水面

ボートレースとこなめ(常滑競艇場)の指定席ではジュースの飲み放題等のサービスがあります。

指定席の販売は第8競走までであり、ナイター場外の際の指定席利用は不可ですが、指定席の利用自体はその後も可能で、第9競走以降は入場料を払わなくても良いという特徴があります。他の競艇場ではあまり見られないサービスですね。

また、常滑市自体が焼き物の町であるため、場内に大きな招き猫の焼き物が置いてあったり、トイレメーカーで有名なINAX(現・LIXIL)は常滑に本社があるため、トイレはINAX製品という地産地消のこだわりが見受けられます。

ボートレースとこなめは伊勢湾に近い事で年間を通じて強い西風が吹いており、強風になりやすく、フライングの頻度が日本一高いと言われる程にスタートを切るのがとにかく難しいコース水面とされています。

マスコットキャラクター

ボートレースとこなめ トコタン

ボートレースとこなめのメインマスコットキャラクター、招き猫の焼き物をモチーフとされた「トコタン」です。。

元々は競艇場のみのマスコットキャラクターだったのですが、2014年の市制60周年を記念して、常滑市の公式マスコットキャラクターにも認定されました。

同じ東海地区のボートレース浜名湖のスワッキーや、ボートレース蒲郡のトトまるなどのキャラと仲良しで、一緒にイベントに登場することもあります。

一押しグルメ

ボートレースとこなめの名物グルメは「どて丼」です。

長時間煮込んだ柔らかいホルモンを、味噌味で仕上げた、いわゆるどて煮をご飯の上に乗せた丼物です。ベーシックに楽しむもよし、色々なトッピングをして自分だけのどて丼を楽しむもよし、汎用性の高い逸品に仕上がっています。

併設の「ウィンボとこなめ」も熱い

2009年6月23日に、ボートレースとこなめのスタンドとレースコースをはさんで反対側の、南駐車場付近に外向発売所『ウィンボとこなめ』が開設されました。

ボートレースとこなめの会場内で発売していないレースも取り扱っています。本場の開催日・非開催日を問わずナイターレースを含めて一日最大6場を発売しているので、ボートレースとこなめが非開催の時でも安心して競艇を楽しみことができます。。

コース概要・特長

ボートレースとこなめ

ボートレースとこなめの競争水面は海なので、水質は海水です。

ただ、海とはいえ、水門が設けられており、前検日の干潮で締め切られることから、潮の満ち引きの影響は少ないコースであると言われています。

バックストレッチ側の幅は非常に広く、深インになってもインコースがとても強いので、地元の強豪選手やベテラン勢は積極的にインを狙ってきます。

レースの予想をする上では、イン強襲の可能性が高いということを押さえて予想してみましょう。

また、2014年12月13日開催分より、人身事故事故発生時の衝撃緩和を目的とした出力低減モーターヤマト331型が、全国の競艇場に先駆けて導入されたボートレース場です。

主要競走

ボートレースとこなめ(常滑競艇場)の主要競争をご紹介していきます。

マスコットのトコタンの名を冠した「トコタン特別」や周年記念 (GI) のタイトルは「トコタンキング決定戦」があります。

企業杯 (GⅢ) として「INAX杯とこなめ大賞」が行なわれています。また年に1回、東海地区で持ち回りの企業杯 (GⅢ) として、「中日カップ」も開催されています。

新鋭リーグ戦の名称は「若獅子杯」で、女子リーグ戦の名称は「レディース笹川杯」です。

正月には「新春特別競走」、ゴールデンウィークには「チャンピオン大会」、お盆には「名鉄杯争奪納涼お盆レース」などのレースが開催されています。

ただし、近年当地では女子リーグ戦の開催頻度が少なくなっており、同競走がない年度には、オール女子競走(格付けは一般戦)にレディース笹川杯のタイトルが付けられています。

レースを予想するコツ・ポイント

常滑競艇場では、生半可な知識では全く歯が立たないと言われる程に、レ@-スの予想が難しいと言われています。

その要因として最も挙げられる要素が、伊勢湾からの強い風による影響です。

その強風によってまず、1号艇の勝率、入賞率が低いです。

同時に2号艇の勝率も低く全会場の中でも最低で、とにかくインコースの連対率が他ボートレース場と比べてダントツに低いのです。

また、これに加えアウトコース側の勝率が横並びとなっています。

簡単に言えば、一般的な競艇のセオリーである”インコース有利でアウトコース不利”とは少し勝手が違い、アウトコースの入賞率が比較的高く、6号艇にも大きなチャンスがあるコースとなっています。

この理由としては、バックストレッチ側の幅は非常に広くアウトコースに位置する選手たちが、インコースに飛び込んでくるからという背景があります。

その上で、インコースでのスタートの難しさもあり番狂わせが発生しやすくなっていて、インコース勢が勝ちづらいというポイントを考慮すれば、インが得意且つ、当地成績がずば抜けているというわけでなければ着外になる可能性がかなり高くなってくるということも考慮する必要があるでしょう。

つまり、もっとも荒れやすく万舟券が出やすい、その結果予想を当てるのが難しい、それがボートレースとこなめ(常滑競艇場)なのです。

攻略するコツとして挙げられることがあるとすれば、それはイレギュラーになる可能性をいかに視野広く舟券に反映させることが出来るかに尽きます。

かなり自信がある時以外には舟券を買わないというのが競艇で勝ち進む為のセオリーとも言えますが、ボートレースとこなめに限っては博打のように舟券を購入して偶然当たってしまったなんてケースが後を絶ちません。

ピンチをチャンスに変える、一発逆転劇が見られるのがボートレースとこなめなので、舟券は的中しづらいけれど当たればデカいギャンブラー気質の人にはうってつけの会場と言えるのではないでしょうか。

アクセス

名鉄常滑線・空港線常滑駅から徒歩5分程で到着します。

知多横断道路 常滑インターチェンジより5分程で無料駐車場が約3000台分あるので、車でも行きやすい会場です。

まとめ

ボートレースとこなめ 特徴

比較的配当の少ないボートレースという公営ギャンブルにおいて、万舟券を的中させるというのは一つの目標とも言えることです。

ボートレースとこなめ(常滑競艇場)は、高配当が出やすく荒れやすい競艇場とも言えるので、穴をねらって運否天賦で参加してみるのも面白いかもしれません。

ただし、難攻不落とも言われる程、レース予想的中させるのが難しいボートレース場なので、中途半端な覚悟では大やけどとなってしまいます。深追いせずに、ほどよく競艇を楽しみましょう。

コメント