———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

ボートレースにおけるモンキーターンの3つの概念とは?詳細まとめ

競艇 疑問符 競艇

競艇(ボートレース)において「モンキーターン」という単語には、およそ3つの意味合いが存在します。それぞれの概念として、ターンの方法、漫画、スロット、と3つのモンキターンの意味合いが存在します。3つのモンキータンの全ての詳細や特徴を記事にしてまとめていますのでご参照下さい。

PR:24+BOATが開発した競艇予想システム。
独自アルゴリズムにより高精度予想を安定的に供給します。

3つのモンキーターンとは?

競艇(ボートレース)において「モンキーターン」という単語には3つの意味合いが存在します。

  1. 旋回技術(ターン)法におけるモンキーターン
  2. 漫画・アニメとしてのモンキーターン
  3. スロット台としてのモンキーターン

一つ目は、ボートにおける旋回技術(ターン)法によるモンキーターンの意味合いです。今ではこのターンができないとお話にならないくらい、ほぼ全ての競艇っ選手がこのターンを使用しています。ボートレーサー養成所のカリキュラムにも組み込まれている標準的な旋回方法となっています。

二つ目は、漫画・アニメのモンキーターンです。現在のボートレースに関わる人ほぼ全ての人がこの漫画を読んだことがあるでしょう。ボートレーサーのバイブル本とも呼べる漫画となっており競艇学校にも置いてあります。実際にこの漫画を読んだことがきっかけで競艇選手を目指した方もたくさんおります。

三つ目は、スロット台としてのモンキーターンです。漫画のモンキーターンをモチーフに使われているので、厳密に言うと二つ目と意味合いが似ているかもしれませんが、スロット愛好者の中ではモンキーターンといえば、このスロット台を指します。

このように、「モンキーターン」という単語には3つの概念が存在し、それぞれのモンキーダーンで意味合いやニュアンスが変わってきます。今回はこの3つのモンキーターンに関しての詳細をまとめてご紹介していきます。

旋回技術のモンキーターン

競艇 モンキーターン

今では必須の技術と呼ばれている、旋回法のターンの技術としての「モンキータン」の詳細をまとめしました。

このターン法のやり方は、ボートの上に前傾姿勢で立ち上がり舟の外側を蹴るように回ります。これにより外側に体重がかかって通常のターンよりも高速で旋回することが可能となるターン法となります。

ひと昔前には、このモンキーターンとう旋回技術は競艇には無いものでした。ボートの上に立って旋回する事が危険で常識として存在せず、座って操縦しながらのターンが一般的なターンでした。しかし36期の「飯田加一」選手がウインドサーフィンのレースの選手のテクニックを参考にし、モンキーターンという従来のターン方法よりも早く旋回できる技術を編み出したのです。飯田加一選手は、このモンキーターンを使用したレースで最高タイムを出すなどし、モンキーターン自体が徐々に注目を集め、この旋回方法をまねる選手が増えていきます。

そして、1993年に59期の「植木通彦」選手がSG総理大臣杯競走でモンキーターンを使用し優勝したことで、競艇界はモンキーターン全盛時代に突入することとなります。

現在では、ボートレーサー養成所のカリキュラムでもモンキーターンを教えるなど、標準的な旋回方法となっており、この旋回技術を身に付けないとボートレース界では戦っていけない標準技術のターンとなっています。

漫画・アニメのモンキーターン

漫画 アニメ モンキーターン

競艇を題材にした漫画は数多くありますが、日本で最も有名なボートレース漫画といえば、河合克敏先生の「モンキーターン」ですね。週刊少年サンデーで1996年から2005年まで連載され、全385話、コミックスは全30巻出版されています。2004年にはTV東京でアニメ化もされ、日本船舶振興会から競艇初心者の入門書として推薦もされており、まさにボートレースのバイブル本となっています。

実際に漫画が連載されていた2000年前後からは、この漫画を読んだことがきっかけとなり競艇選手を目指したという方も増え始めました。

スロット台としてのモンキータン

パチスロ モンキーターン

2011年前後にパチンコやパチスロを嗜まれていた方には、モンキーターンと聞くとスロット台を思い浮かべる方が多いと思います。

スロット台「モンキーターン」はパチスロメーカー山佐から2011年3月に登場したスロット台で、甘めのスペックとスピード感のある展開がウケ、根強い人気で全国じわじわと導入台数が増えていき、導入当初の20倍を超える6万台が全国のホールに設置され、当時としては異例の大ヒットのパチスロ台となりました。

そして初代の台の成功を受け後継機に「モンキーターンⅡ」と「モンキーターンⅢ」も登場し、こちらもそこそこヒットしたパチスロ台となっています。
ちなみにパチンコ台としても登場し全国で導入されています。

まとめ

パチスロ モンキーターン

今回の記事で3つの「モンキーターン」の意味合いと概念についてご紹介してきました。

ひと口にモンキーターンといっても3つの概念が存在し、大元の根っこの部分であるボートレースという共通項はありますが、それぞれが微妙にニュアンスが違ってきます。

競艇の旋回技術のモンキーターンなのか、漫画やアニメのモンキーターンなのか、スロットやパチンコのモンキーターンなのか、どのモンキーターンの話なのかを、それぞれがどのような概念で話しているのかを注意しなければなりませんね。

コメント