———-[PR]———-
【最強の副業で平日も毎日「大勝ち」しませんか?】

バイナリーオプションで毎日平均10勝以上!
『 勝 率 9 7 % 』
2019年12月2日~6日の5日間で『25万9200円』プラス!

毎日朝10時~24時まで常に配信!
・初心者でチャートの見方がわからない
・チャートを見ている時間が無い
・1日何時間も空いている時間が無い
・投資をする程の資金が無い

こんな方にオススメ!!
配信の通りに携帯1つで取引するだけ!
1,000円からできて、97%勝利!

オープンからの全ての結果を開示している確かな実績!!
★最強の副業で最高の副収入★

今だけ1週間完全無料!
つまり、1週間で約50勝!
しかも、個別サポート付き
さらにオープンからの全ての結果をお送りします!
ご興味があれば
副業サポートの無料オンラインサロンへご登録して、無料配信と個別サポートを受けてみて下さい。
↓↓↓
友だち追加
———-[PR]———-

競艇は雨天も決行!悪天候こそ番狂わせが起こりやすい!?

競艇 雨天 攻略法

競艇は雨天も決行される

競艇 雨天

競艇(ボートレース)は基本的には雨天決行となります。雨が降っても雪が降ってもレースは実施されます。そもそも、水上のモータースポーツでボートが巻き上げる水量は相当なものとなりますので、先頭を走っているボートレーサー以外はびしょ濡れになってしまいます。ですから、多少の雨くらいでは中止にはなりません。

PR:24+BOATが開発した競艇予想システム。
独自アルゴリズムにより高精度予想を安定的に供給します。

競艇が中止になるケースは?

競艇 丸亀 中止

競艇(ボートレース)が中止になるケースも当然のようにあります。ボートレーサーの安全が確保できないと各会場が判断した際には、やはり人命が第一優先となりますので、レースは開催されません。1日の全レースが中止になる時もあれば、途中のレースから中止になる場合もあります。

ボートレースが中止になるケースとは、どのような時なのかを紹介していきます。

競艇が中止になる場合①「台風の日や強風の時」

ボートレース(競艇)が中止になるケースで最も多いのが、台風の日や強い風が吹き荒れる時となります。ボートレース場の主催者が危険だと判断した場合に、レースは中止となります。ただ、大雨のときでも風が弱い状態であればレースは開催される事も多く、雨よりも強風で中止と判断されることが多いようです。おおよその目安で、風速10メートルを越えてくると、中止と判断される事が多いです。雷雲が発生して雷鳴が轟いているときなども、レーサーに危険と判断された場合は出走時間を調整して雷雲をやり過ごしたりします。選手の安全確保はもちろんですが、仕事をしている会場の職員や来場されるお客様の安全を確保する為に中止となるケースもあります。

競艇が中止になる場合②「大雪の時」

同じ公営ギャンブルである競馬では、大雪が降ると除雪などの作業が必要になり、レースが中止になるケースがあります。しかし、ボートレース(競艇)は水上でレースをするので、雪が降ってもコースに積もる事はないので、雪の場合でもレースは開催されます。ただし、大雪になった場合には、選手のヘルメットに雪が付着し視界が極端に悪くなるので、選手の安全を考慮して中止となる事もあります。後は強風の場合の降雪でもレースを中止と判断される事があります。それと、滅多に無いですが水上が凍結して雪が積もり中止になったケースもあります。

競艇が中止になる場合③「機器が故障した時」

ボートレース(競艇)が中止になる場合の一つとして機器の故障が原因の場合があります。機器の故障が原因で中止になったレースを調べたところ、各競艇場に必ず設置されているスタートを測る機器「大時計」の故障でレースが中止になったケースがありました。大時計は非常用のバッテリー電源を備えており、さらに予備の時計盤が裏側にも用意されているので、万一の故障時にも対応ができます。しかし、それでも集中豪雨や落雷、強い濃霧などで大時計及び設置部分や外付けの機器が故障してしまうというのは稀に起こりえるようです。レーサーの位置から大時計が視認できない天候の時に中止と判断されることが多いので、大時計がいかにボートレースに重要な機器なのかが分かりますよね。

終日の中止ではなくレース開始を見合わせる場合も

天気予報で台風などが接近しているのが分かっている場合は、前もってレース中止の判断ができるので、終日中止になる事もあります。しかし、基本的には主催者側はもちろんレースを開催したいという思惑が強いので、終日中止ではなく一旦見合わせて途中からの中止や、レース開始を見合わせる事のほうが多いです。強風の場合でも雷の場合でも大雨の場合でも、その天候は一時的な事も多いので、そのような場合にはレース開始を見合わせて(遅らせて)、レースが再開できる目処がたつまで待つことが多いです。

雨天の日は高配当が多い?

競艇 雨天 中止

競艇の特色として、インに進入した艇が圧倒的に有利で一番にゴールする確率が高いという事があげられます。しかし、雨の日はボートの命ともいえるエンジンモーターの熱効率が落ちてスタート時の速度が落ちる為に、荒れるレースが多くなる傾向にあります。大穴の高配当金を狙いたいのであれば、雨風の強い日を狙いボートレース場に足を運ぶのも良いかもしれません。ただ、あまりにも風が強くなると中止になることもあり、競艇場からも帰りづらくなるので要注意です。最近はインターネットでも舟券を購入できますので、各地の天候もチェックしておきましょう。

屋外で行われる公営ギャンブルは「悪天候で荒れやすい」

競艇(ボートレース)だけではなく、屋外で行われる公営ギャンブルの競馬やオートレースは悪天候で、レースが荒れて高配当が出やすいと言われています。普通に、人が車やバイクや自転車で雨が降った場合に、運転が慎重になるのは当然の事です。だからこそ、ボートにしろ馬にしろ自転車にしろ、プロの騎手やレーサーだとしても、悪天候の時はスピードが遅くなったり反射神経がにぶくなります。その為に悪天候時はレースが荒れて思わぬ高配当が飛び出やすくなります。

雨天時は視界が悪くなる

競艇選手にはヘルメットの着用が義務付けられており、雨が強くなるとヘルメットのシールドと呼ばれる透明の部分に雨がダイレクトに当たり、当然視界が狭まり悪くなります。ただし、水上で開催される競艇という競技は、元々水しぶきが常に当たるので、小雨くらいでは競艇選手は気にならないのではないかと思われがちですが、基本的に水しぶきを浴びるのは、1マークの攻防の際が最も多く、ピット離れの時から視界が常に悪いという状況とは根本的に違います。

雨が強いほどモーターにも影響が出る

競艇(ボートレース)に使用されるモーター(エンジン)は、ガソリンと空気によって爆発を起こし、そのエネルギーを利用して動力にしています。空気と燃料の比率が変わることで、同じエンジンであっても発揮できるパフォーマンスが変わってくるのです。つまり、雨が降ることで湿度が上昇し、空気の密度が下がっていきます。そのことがエンジンの出力にも影響を及ぼします。当然、プロのボートレーサーはその日の天気や気温を見てモーターのセッティングを行いますが、ベテラン選手と新人選手ではそのセッティング方法も違ってきますし、レース前に急激に天候が変わった際には対応ができません。モーターのセッティング整備が、運よく吉と出るレーサーもいれば、裏目となってしまうレーサーもいます。その為に悪天候時はレース展開が荒れやすくなります。

急激な天候の変化でチルトの調整が無意味に?

ボート(艇)にモーターを取り付ける角度をチルトといい、角度を調整する部品をチルトアジャスターといいます。取り付け角度が小さいほど出足が強くなり、逆に角度が大きくなるほど、伸びが良くなると言われています。レーサーはその時の作戦によってチルトの調整をしますが、急激な天候の変化や慣れない悪天候の前では、せっかくの調整も無意味になってしまうどころか、逆効果の裏目になる場合があります。

降雨が多い地域出身の選手は有利

ボートレース(競艇)は屋外で実施するモータースポーツで、全国24か所のボートレース場(競艇場)のどこかで365日毎日開催されています。その24か所のボートレース場では各レース場ごとに特徴があり、一つとして同じ水面状況の会場はありません。波が高く荒れるレース場もあれば、波が穏やかなレース場もあります。そして雨が多い地域のレース場も、あれば雨が少ない地域のレース場もあるのです。雨が多い地域のレース場を地元とする選手は、雨が少ない地域のレース場を地元とする選手と比べると、雨に対しての経験値が圧倒的に多くレースを有利に運びやすくなります。
結局はそのレーサーの経験値となってきますので、ベテランのレーサーのほうが新人レーサーよりもコンディションに左右されずに勝負することができるのは当然ですよね。またSG級の選手では雨などの悪天候にも左右されずに勝率が高いレーサーが多いです。

雨天を狙い競艇場に行くお客さんも

競艇 雨天 悪天候

天候が雨天の時を狙ってボートレース場に行くメリットとしては、第一にあげられるのは雨の日のほうがお客さんが少なく、まったりと落ち着いて観戦が出来るということです。各競艇場では屋内での観戦もできますし、最寄りの駅などから送迎バスが出ていますので(競艇場によっては送迎タクシーも)、雨には殆ど濡れずに会場に向かうことができます。
また、前述している通りレースが荒れやすくなっているので、大穴の高配当払戻金の期待も大きくなります。雨の日はよりハラハラした展開を楽しむことができるというわけですね。

まとめ

競艇 雨天 悪天候

屋外で実施される競艇は、基本的に雨でも雪でも実施されます。しかし、よっぽどの悪天候の場合は中止になる事もあります。特に強風が吹き荒れる日は中止になる可能性が高まります。
ただし、雨天時には、レースが大きく荒れて思わぬ高配当が飛び出る場合が多く、雨の日は番狂わせと高額配当金が期待しやすくなります。
もしも貴方が大穴党で高配当払戻金を狙いたい場合には、雨天を狙って競艇会場を訪れるのも一つの戦法になるでしょう。

コメント